【決定版】水道水をろ過 おすすめ携帯用浄水ボトル4選+1 オフィスにも最適

2.暮らし・生活

この記事は、おすすめの携帯浄水ボトルをまとめた記事です。

飲み物代を節約したい。

ジュースなんかも減らしたい。

私はよくお水を飲むんだけど、

浄水ボトルってどうなんだろ?

サスティナブルなんて言葉が流行って、

浄水ボトルも注目されていますね。

浄水ボトルを使うようになると、

飲料代は減るし、糖尿病の予防にもなるかもね。

 

今回は、携帯浄水ボトルのメジャーな製品をいくつかご紹介していきます。

浄水ボトルは、節約にも健康のためにもおすすめです♪

自宅だけでなく、オフィス、学校、スポーツジム等、様々なシーンでおいしいボトルドウォーターを飲むことができます。

 

サスティナブルとは、「持続可能な」という意味。地球の自然環境の維持に役立つ事業や開発、自然環境に配慮した行動を表現する際によく聞くようになった言葉。

 

↓↓では早速、おすすめ製品4選+1です。↓↓

おすすめ浄水ボトル4選+1

DAFI(ダフィ)

ダフィ 浄水ボトル 携帯用

 

まずは、私も実際に使っているDAFI(ダフィ)です。

以前、下記の記事で一度レビュー記事を書かせていただきました。

 

 

使用感は上々で、今現在も使用しています。おすすめ出来ます。

 

蓋と飲み口が良く考えられていて、手を使わずに開け閉めできるのは良いですね。

実際使ってみると見た目よりとても丈夫にできていることがわかりました。

そして、300mlのコンパクトサイズがあるのが魅力的。

 

ブランド名 ダフィ
参考価格 500ml 2640円(税込み)
※21年6月 Amazon参考価格
特徴
  • パーツごとのカラーバリエーションが豊富、組み合わせが自在。
  • 残留塩素の除去率が高く、水道水のカルキ臭を軽減しながらやわらかい口当たりの水が飲めることに加え、ミネラルなどの人体に有益な成分は従来通り摂取できる。
  • 蓋と飲み口の構造が衛生的(口で開けて、蓋と一緒に押し戻す)。
  • 300mlのコンパクトサイズがある。
購入のポイント
  • コンパクトサイズが欲しい。
  • コップはいらない。
  • すっきりとしたデザイン。
  • ブリタよりも若干お値段設定が高い。

 

Brita(ブリタ)

フィル&ゴー アクティブ

 

こちらは世界的に有名でトップシェアを誇るブリタの製品。

後に紹介する「フィル&ゴー」の課題を改善した製品でもあります。

 

アマゾンではセールを時々やっており、1000円(税込)ほどで販売されているのは魅力的。

 

デザインが少しスポーティーで武骨なデザイン。

 

私は、蓋がコップにならなくて良かったのでダフィを選びました。

コップを使って飲みたい場合は、ブリタが良いでしょう。

 

自宅の浄水器はブリタを使用しています♪

品質が優れており、安心のブランドですね。

 

ブランド名 ブリタ
参考価格

600ml 1400円(税込み)
※21年6月 Amazon参考価格

特徴
  • コップがついている。
  • カバーが付属する。
  • スポーツ/アウトドア派の人はコレ!
  • フィル&ゴーの上位互換品。
  • レディースバックの中にしまうにはかさばる。
ポイント
  • 有名ブランド ブリタであること。
  • アマゾンでも一番売れている製品。
  • スポーツ/アウトドア派の人はきっと気に入るデザイン。
  • ポーチの付属品有り。

フィル&ゴー

 

こちらも世界的に有名でトップシェアを誇るブリタの製品。

上記フィル&ゴー アクティブに対して、こちらの製品名は「フィル&ゴー」。

しっかりとした蓋がついているのが特徴的です。

その他の製品よりも頑丈なつくりになっています。

 

ただ、丈夫な反面、出が悪い、固い、蓋が邪魔なんて口コミもあるようです。

 

ブランド名 ブリタ
参考価格

600ml 1550円(税込み)
※21年6月 Amazon参考価格

特徴
  • 蓋がロックできる。
  • 全体的に頑丈。
  • レディースバックの中にしまうにはかさばる。
  • 固いとのレビューあり注意。
ポイント
  • 有名ブランド ブリタであること。
  • 蓋がロックが出来る。
  • 無駄がない洗練されたデザイン。
  • 少し固く出が悪いとの口コミあり。

Bobble(ボブル)

フィルターカードリッジ付きウォーターボトル

 

ボブルは、上記2社と比べて国内での勢いは若干低め。

それでもダフィよりもキュートなシルエットとデザインに心打たれる人も居るはず。

使用感はダフィとそっくりだと思います。あとは好みで。

 

ブランド名 ボブル
参考価格

約550ml 1500円(税込)
※21年6月 Amazon参考価格

特徴
  • ダフィと似たデザイン。
  • 少しずんぐりむっくりした形状
  • ダフィがポーランド発に対してボブルはアメリカ発。
  • ダフィよりも値段設定が低い。
  • 日本法人や代理店がついていない?
ポイント
  • ダフィかボブルかは好みで!
  • 機能的な大きな差はない見通し。

FORESTWATER QUICK(クイック)

こちらは、おすすめというよりも目についた製品。

 

詳しい事情はわかりませんが、ボブルと瓜二つ…。

ボブルから乗り換えている人も多数おられるようですね。

 

そっくりすぎですね…。

 

フォレストウォーター社は、日本国内の浄水器メーカーとのことです。

こちらはご参考までに。

 

ブランド名 フォレストウォーター
参考価格 約550ml 1680円(税込)
※21年6月 Amazon参考価格

あとがき

 

いかがでしたでしょうか?

気になったボトルはありましたか?

 

これまでほとんど水を飲まなかった私が、今では毎日飲んでいます。

お水は1年365日が買い時、いつあっても困りません。

こだわりなく適当なミネラルウォーターを買っていたならば、買い替えは有りですよ♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

https://nomadomano.com/dafi-clean-water/
この記事を書いた人
わか。

わか。(わかまる)です。
 
「暮らしをちょっと豊かにしてくれる。」
そんな製品やサービスのレビューを中心とした雑記ブログです。
 
様々な製品やサービスのレビュー記事をお届けします。

わか。をフォローする
2.暮らし・生活
のまどまのブログ -LIFEHACK-
タイトルとURLをコピーしました