【ダイソー】ダンボールカッターはダンちゃんの代わりになるのか?

ダイソー

この記事では、ダイソーのダンボールカッターをご紹介していきます。

 

商品が届き、いざ開封!ってときや、開封のテンションが落ち着いた片づけのとき、しつこいビニールテープにあたったりするとイライラしませんか?

通販の利用が多い私にとっては、小さいモノから大きいモノまで様々なモノがダンボールで届きます。なのでこのちょっとしたストレスも塵積って山となるわけです。

 

有名Youtuber さんの多くが、「ダンちゃん」と呼ばれるダンボールカッターを多く利用されています。値段も5~600円とそこまで高価なものではありません。フッ素加工されていて、キレ味も良いとか!?いつか買いたいなあーって思っていたのですがいつも後回し。そして結局イライラしながら爪で開けてバラしてを繰り返していました。

ところが、ダイソーを散策しているとエンドコーナーにダンボールカッターの姿があり、価格も100円でしたので飛びついちゃいました!!そんなダンボールカッターのご紹介をさわりですがしていきたいと思います。

 

この記事でわかること
  • ダイソーダンボールカッターの使用感
  • 使用感の動画
  • ダンちゃんの代わりになりうるのか?

▼動画で観たい方はこちらをどうぞ▼

スペック

販売元 ダイソー
価格 100円(税抜き)
材質 ハンドル・ケース部分:ABS樹脂
刃:ステンレス
全長 21センチ
刃渡り 約9センチ
特記事項 プラスチックなどを切ると刃が歪んだり壊れたりする可能性があります。

使ってみた感想

試しにダンボールのビニールテープなどを切ってみましたが、ギザギザの刃なのにスーーーーッと切れて楽ちんでした。ハサミを全開にしてカッター代わりに切ったりすると、テープの糊のベタベタが移ることがありますが、今回それらは見られませんでした。

また、カッターやハサミを全開にして握らせるなんてことを子供にはさせられませんが、これならば多少手にかすってしまっても手を切ることもないので安心して使わせることが出来ます。

 

お片付け手伝ってくれるようになると嬉しいな(笑)

良い点

  • ステンレスで錆びの心配が少ない。
  • ハンドル部分が曲がっていることで力を入れやすい。
  • 非常に軽い。
  • 刃がギザギザし、手を切るリスクが少ない。
  • 子供でも扱える仕様。
  • 何より安い。

悪い点

  • ケースが固い。
  • ケースが刃の片方だけをカバー。

ダンちゃんの代わりになる?

ダンちゃんは、ヒット商品のため様々なバリエーションが出ています。

▼定番の製品は、こちらの製品▼

 

 

刀身は、ダンちゃんのほうが丈夫なような気がします。両刃というのもポイントですね。非常に高評価の製品で、職人さんが制作しているカッターですが、お値段もアマゾンで5~600円(税込み)となっています。一家に一本あってもいいかもしれません。ヘタするとカッターよりも安全なので良いかもしれません。

ただし、ダンボールのテープを切るくらいであれば、ダイソーのダンボールカッターで十分かもしれません。私は普段、ダンボールの解体まではせず、折りたたむだけ終わらせますからです。

 

しばらくは、ダンボールのイライラから解放されそう♬

以上です、最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人
わか。

わか。(わかまる)です。
 
「暮らしをちょっと豊かにしてくれる。」
そんな製品やサービスのレビューを中心とした雑記ブログです。
 
様々な製品やサービスのレビュー記事をお届けします。

わか。をフォローする
ダイソー
のまどまのブログ -LIFEHACK-
タイトルとURLをコピーしました