携帯浄水ボトルDAFI(ダフィ)を2週間試してみた評価レビュー

2.暮らし・生活

この記事は、ダフィの浄水ボトルの2週間使用レビューの記事です。

 

みなさんは、職場、学校、塾、休日の外出などなど飲み物はどうされていますか?

 

水筒派ですか?

ペットボトル派ですか?

 

最近ではコンビニPBのお茶類はちょっと容量が多いのに100円くらいで買えたりしますよね。

通販で買えるミネラルウォーターなんて500ml30~40円くらいのものもあったりと選択肢は様々。

 

私は、これまでコンビニPBのジャスミン茶を買っていました。

しかし、1日で飲み干すことがなかなかなく、不衛生ですが2日くらいに分けて飲んでおりました。

 

↓↓そんな私が浄水ボトルデビューしたレビューをご紹介したいと思います。↓↓

DAFI(ダフィ)について

DAFIはポーランド生まれの携帯用浄水ボトルです。

有害物質BPAフリーのペットボトルで、傷がつきにくい耐久性のある品質素材を採用しているとのこと。

浄水カードリッジを交換するタイプの商品なのですが、このカードリッジ1本で150L(500ml300本分)の浄水が可能なのです。

 

使用方法も非常に簡単。専用のボトルに水を注ぐだけ…ハイっ簡単!カードリッジを水が通るときに浄水されますので、その瞬間から浄水を飲むことが出来ます♪

 

飲み方は二通り、①吸い出すかしなやかなボトル素材の特性を活かし②押し出すかです。

 

1850円(税込み)でしたので、浄水回数スペックが真実ならば…

 

6.16円/500ml換算!!

 

ポーランド産浄水ボトルが日本初進出
DAFIは、水道水を美味しい水に変えてくれる浄水ボトルです。世界33カ国以上でご愛用頂いてます。7種類の色や3種類のサイズであなただけの用途で利用可能です。

 

ライバル商品との比較検討

競合品にあげられ且つ私自身も迷ったのが、ブリタ(ドイツ)BOBBLE(アメリカ)です。しかし悩みに悩んだのですが以下を理由にDAFI(ポーランド)を選択しました。

1.300mlのコンパクトサイズがあった。
2.飲み口のキャップ構造が最小であった。
3.交換カードリッジに飲み口がついてくる。
4.コップは不要であった。
5.デザインがシンプルであった。
6.細かな浄水能力にこだわりはなかった。

感想

生活に定着するか心配しておりましたが、素直に買ってよかったと思える商品でした。

期待通り「ちょっとした時にちょっとした量をいつでもフレッシュで安価で頂きたい」という願望を全てかなえてくれました。

まだカードリッジならびに飲み口の交換にまで至ってはいませんがメンテナンスも非常に楽なことは横着な私にとってはとっても重要なポイント

土地柄、もともと水道水がカルキ臭かったりすることはなくそこそこおいしい水が出てくるため、味やにおいに関して言えば実は大きな変化は感じてませんが確実に安心感が得られています。

  • 願いを全て叶えてくれた良い商品であった。
  • 想像よりも手軽で水を飲む機会が増えた。
  • 構造上の特性から、こぼすしたり倒したりして洪水を起こす心配がない。
  • 外出先の上水でチャージができ且つ安心して飲める。
  • 節約効果有り!
  • 災害グッツに加えるのも有り!
  • ブリタやBOBBLEも同様だと思いますが、吸って飲むのはちょっと大変。
  • 基本押し出して飲む形になる。
  • ボトルを押しつぶすと、ペットボトル同様に折り目のような跡がつきますので注意。
  • ペット素材はにおいが吸着したり、中の水ににおいが移ることもあります。したがって強いにおいの物の側に長期間補完しない。

補足動画

あとがき

コンビニの棚にあれだけの種類の水が陳列しているということは、それだけの需要があることが手にとってわかります。

初期費用やカードリッジ代という継続してかかる費用を考えると少し敷居が高く感じるかもしれません。

ただ1本(500ml)あたり約6円でそこそこの水が手に入ると安く感じられませんか?

 

大量のペットボトルのゴミがでることもありません。

お茶類を自炊したり加熱殺菌したりして水筒に詰める手間もありません。

横着な方にはトライしてみる価値はあるかもしれませんね?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人
わか。

わか。(わかまる)です。
 
「暮らしをちょっと豊かにしてくれる。」
そんな製品やサービスのレビューを中心とした雑記ブログです。
 
様々な製品やサービスのレビュー記事をお届けします。

わか。をフォローする
2.暮らし・生活
のまどまのブログ -LIFEHACK-
タイトルとURLをコピーしました