期待を裏切る最高の製品、バッテリー超長持ち!充電知らずのAmazfit Bipの6ケ月目のレビュー

3.電化製品/ガジェット

 

どもども、しばやかわです。

もう当たり前となったスマートフォン。老若男女に使用されていますよね!?

そして、そのスマートフォンをより便利にしてくれるのがスマートウォッチ。こちらはなかなか定着せず、使用している人はまだまだ少ないかと思います。そもそも腕時計をしないという人も多いですよね。ビジネスマンの中でもスマホで確認派なんてのもざらじゃないです。

私は時計をする派でiPhoneユーザーだったので、やはり欲しくなるのはアップルウォッチ。だけど、これがちょっとお高いためなかなか手を出せずにいました。購入に至れなかった理由としては、生活に定着しなかったらどうしようかということと、バッテリー持ちがよろしくないということ…。バッテリーが切れてしまったらただの飾りですからね!!

そんな時に出会ったのが、Amazfit Bip。この商品の最大のセールスポイントはバッテリーが約一カ月持つということ。勢いで買ってから早6ケ月経ちましたが、結果的に非常に良い製品でした。

今回はそんなAmazfit Bipを紹介したいと思います。スマートウォッチデビューを悩んでいる方は是非チェックしてみてください。

引用出典:TJC株式会社

 

Amazfit Bipの特徴
・バッテリーが約1カ月持つ(※使用方法による)。
・お値段が1万円を切る。
・基本的な機能は揃っている。
・超高性能ではない。

Amazfitとは

Amazfit Bipは、中華製スマートウォッチです。日本では正規代理店として 、TJC株式会社 (TJC Corporation)が販売しております。中国から直接輸入することもできますが、Amazonで買ってもそこまで大きな差額はありません。

中華製ということもあるため、念のため正規代理店から買うことをおすすめしますが、本品のメーカーであるシャオミは今中国でも伸びに伸びてる企業の一つで、スマートウォッチの分野に関しては世界トップクラスです。

最近では、何か初期不良が起きても、即新品を発送してくれるような日本企業よりも手厚いサポートをしてくれる企業も増えてきていますので輸入にチャレンジしてみるのもありですね。

外観はこんなイメージです。ポリカーボネート製なので金属製よりも高級感に劣るところはありますが、そこまでチープな感じもないでしょう?

 

以下は公式サイトからの抜粋です。私が注目するポイントをハイライトします。


メーカー名;
Xiaomi(シャオミ)
カラー:ブラックストーン / オレンジ / カーキグリーン / サンドストーングレー
重量:18g(本体)、32g(バンドを含む)
ディスプレー:反射型カラー液晶
ディスプレー:素材3代目 2.5Dゴリラガラス+ AFコーディング
ディスプレーサイズ:1.28インチ
防水機能:IP68規格防水防塵
ベルド長さ:11 + 8.5cm
ベルド幅:20mm
各種センサー:PPG(反射型光電脈波)心拍数センサー、三軸速度センサー、
磁気センサー、気圧センサー
※気圧センサーは海抜高度の変化を検出する。
電池:190mAhリチウムポリマー電池
充電時間:約2.5時間
GPS:GPS + GLONASS (デュアルモード)
通信:Bluetooth 4.0 BLE
連続使用時間連続使用日数:約45日間(ランニング一回(30分前後)/週、100通メッセージ/日、ディスプレー明るさ10%の場合) 
スタンバイ:約4ヶ月(時間表示、運動モニタリング、睡眠モニタリングのみ使用の場合) 
GPS連続追跡時間:約22時間
主な素材:ポリカーボネート
充電器:専用充電スタンド
対応機種:Android 4.4、またはiOS8以降のデバイス
同梱物:スマートウォッチ本体(バンド付)、 専用充電スタンド, 日本語取扱説明書兼保証書

引用元:TJC株式会社 詳細は以下のブログカードより

Amazfit Bip | スマートウォッチ | TJC株式会社 | Xiaomi日本唯一の正規代理店
Amazfit Bip スマートウォッチ | TJC株式会社 | Amazfit国内正規代理店 | 連続使用時間 最長45日間丨 GPS + GLONASS マルチGNSS対応丨 心拍数測定丨軽量32g | 一度充電すると連続使用して 最長45日電池がもちます。毎日歩数と睡眠をチェックするだけだと長期間もちます。28n...

製品の良いところ、悪いところ

良いところ
・世界的に有名なメーカーXiaomi製。
・ディスプレイがゴリラガラスでタフ。(裸でも傷がつきづらい)
・連続使用時間が長い。(※使用方法による)
・値段の割にセンサー系が充実している。
・多数のセンサーを活かし、ランニングツールが充実している。
・文字盤デザインが多数存在すること。
悪いところ
・スマホとの同期が若干もたつく。
・天気予報を更新するために、スマホアプリで定期的に同期する必要がある。
・Bluetoothが5.0の製品が出始めているなか4.0。
・専用の充電器にて充電器が壊れた際や接触面に異常が出たときに充電不可になる。
・アラーム機能がiPhoneと連動しない。(個々で設定する必要がある)
 
ほぼほぼ申し分ないのですが、バックグラウンドで天気予報の動機を行ってくれて、Bluetooth5.0で同期速度が改善し、バッテリーもさらに長時間駆動になるなんてことになったら完璧でした♪
 
文字盤は想像以上に選択肢があり、AmazToolsというアプリを入れるとさらに選択肢が増えます。皆さんのよく知ったデザインもちらほらあります。
 

公式アプリ

AmazTools

どんなことができるのか?

・Line、メール、SMS、Twitterをはじめ、ほとんどアプリの通知を受信
・天気予報の表示
・時計単体でアラームやタイマー、リマインダーの設定
・万歩計
・ランニング等の運動の記録
・睡眠の質の記録
・心拍数の記録
・スマホを発見する(音や振動をさせる)
 
 
 
 
 
一番の目的であり一番多用しているのがLineやメールの通知。スマートウォッチを持つ理由の最大の理由がこれといっていいです。これを一度導入してしまうとやめられません!
いまのスマホの振動(通知)は、チェックするべきものなのか、しなくてもよいものなのかを時と場所を選ばずにチェックできるようになります。
 

なんだ、別にスマホの画面見れば良いし

ちょっとまって、特に女性はバックの中にスマホをしまっている人も多いでしょう?さらにスマホは巨大化路線を走っている中、わざわざ取り出すのも大変なことはありませんか?

あとは、仕事中に中々スマホを見れない環境の方もいるでしょう?Bluetoothの接続範囲内にいれば、チラッと時計で確認できるようになります。

これ、はじめるととてもその恩恵を感じるようになりますよ♪

 

バッテリー持ちは事実か

「おそらく、事実です。」

私は使用状況は、以下の通りです。
・メール、アプリの通知が多め。
・Lineはそんなに多くないです。
・心拍センサー有効。
・睡眠検出有効。
・特定時間のアラーム×3。
・画面輝度は暗め

公式の使用方法で、実際に45日使用できるかは定かではありませんが、この使用状況で、20日以上バッテリーが持ちます世の中の多くのスマートウォッチが7日前後での充電が必要、実際は3日でおきに充電が必要なんて商品が多いのに対して、4~7倍以上バッテリーが持ちます!
 
何より、購入から6か月たった今も変わらずそのバッテリー性能を保っています!!これは拍手、本当に期待を良い意味で裏切ってくれた製品♪
 

まとめ

本当に買いな商品です。スマートウォッチの利便性をなめたらあかんです!!

さて、Amazfitに出会い、多数存在するスマートウォッチを選ぶ上でとても大事だと考えたことはバッテリー持ち時間。正直バッテリー残量にひやひやしながら使う高機能なスマートウォッチより、うっかり充電を忘れても最低限の機能が長期間使えるスマートウォッチのほうが価値があると私は思います。

これまで、ブレスレット型のタイプの商品を何商品か使ったことはありました。どれもバッテリー持ちがカタログ表示よりも悪く、気づいたらプラスチックのただの腕輪でした。スマホとスマートウォッチの充電ケーブルが一緒となれば、充電を忘れても職場で充電なんてこともできるのでしょうが、そんなことを時計に求めたくはないですよね。

スマートウォッチを充電するためにモバイルバッテリーを持ち歩くなんてナンセンスじゃないですか?(笑)それくらいスマートウォッチを生活に定着させることにとって充電って大きなポイントだと考えます。

もし、この記事を読んでスマートウォッチに興味を持たれたなら、是非Amazfit Bipを選択の一つに入れてみてくださいね♪

では次の記事で会いましょう。Chao!!

商品リンク

 

この記事を書いた人
わか。

わか。(わかまる)です。
 
「暮らしをちょっと豊かにしてくれる。」
そんな製品やサービスのレビューを中心とした雑記ブログです。
 
様々な製品やサービスのレビュー記事をお届けします。

わか。をフォローする
3.電化製品/ガジェット
のまどまのブログ -LIFEHACK-
タイトルとURLをコピーしました